声優の仕事ってどんな種類があるの?

声優業界はたくさんの人が関わっていて大きな市場ですが、声優はどんなところから仕事をもらっているのでしょうか。
仕事を依頼してくる所や、仕事の大きな流れを知っておきましょう。

仕事の種類は数百以上あります、代表的な物としてアニメや洋画のアテレコのほかに、映画やテレビのナレーション、ボイスオーバー、CMナレーション、企業の商品説明などのビデオ、スーパーの店内放送など、媒体が広範囲に渡っており、声のあるところ声優の仕事ありといえます。
なので、非常に大きな市場規模と言えます。

流れでいいますと、声優プロダクションに仕事を依頼してくれるのは、声優を必要とするソフトを制作する会社、ということになります。
それは、ケースによって、テレビ局だったり映画会社だったり制作会社だったりするわけですね。媒体も広範囲ですのでさまざまなところから依頼はあります。

依頼を受けて、依頼者の希望に合わして何百人といる声優の中から適切なキャスティングするのです。
仕事を受ける、キャスティングするというのがプロダクションの主な仕事になっています。また今はネットを中心に配信系のサービスが伸びていますので、そのような媒体からの依頼も増えてきています。

特にネットゲームからの依頼は多いです。
今は日本が中心になっていますが、今後は海外進出も考えられますし、日本のアニメはすでに世界進出しているのですから、声優も海外に飛び出す時代かもしれませんね。